【2020年最新版】アフィリエイトの税金は?副業でもバレない?

サラリーマン
男性

アフィリエイトの税金って何がかかるの?

副業禁止の会社でもアフィリエイトは大丈夫なの?

こんな疑問にお答えします。

 

結論から言うと「税金はある一定金額までかからないのと、絶対にバレない方法はないが会社にバレなくする対策はあります。」

 

この記事では本業や副業としてアフィリエイトを行う場合の税金と、副業でもバレないための方法を解説します。

アフィリエイトを既にやっている方はもちろん、今後アフィリエイトを始める方も、税金で損をしないために参考にしてください。

 

アフィリエイトにかかる税金

アフィリエイトで発生した利益は「事業所得」もしくは「雑所得」となり、税金が課されます。

 

事業所得となるのは「アフィリエイトで生計を立てている場合」で、雑所得となるのは「アフィリエイトを副業として行なっている場合」です。

 

事業所得と雑所得について紹介していきます。

 

事業所得

アフィリエイトで生計を立てている場合、発生する利益は事業所得となります。

サラリーマンが本業でアフィリエイトは副業の場合でも、事業所得となる場合があります。

 

例えば年360万円アフィリエイトで稼ぎ、本業も年360万円だとするとアフィリエイトは副業の範囲を超えていて事業と認めざるを得ません。

作業に充てている時間やどの程度稼いでるかによって事業所得と判断される場合もあります。

 

事業所得は次の式で求めることが可能です。

 

総収入ー経費=課税対象となる事業所得の金額

 

事業所得は税制上優遇されますが、納税手続きが複雑なのが特徴です。

事業所得の税率は次のようになっています。

 

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円超330万円以下10%97,500円
330万円超695万円以下20%427,500円
695万円超900万円以下23%636,000円
900万円超1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

 

雑所得と事業所得についてはこちらにも詳しい記載があります。

会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

公開日:2017/09/16 最終更新日:2020/02/26 サラリーマンが副業をしている場合、副業で稼いだ所得が20…

 

なお事業所得の場合、青色申告をすることで、効果的に節税できるケースがあります。

 

青色申告が可能

青色申告は、日々の取引を特定の帳簿に記帳し、記帳に基づいて確定申告をすることで、税金で優遇される制度です。

 

具体的には青色申告することで、前述の表にある控除額とは別に最大65万円の青色申告特別控除を受けられます。

控除とは65万円分経費扱いに出来るのと同じで、年100万円のアフィリエイト報酬が出たとするならば35万円として合法的に申告できるのです。

 

自分自身で青色申告に必要な必要書類を作成するのは難しいですが、会計ソフトなどを利用すれば比較的簡単に青色申告することが可能です。

白色申告といって、10万円の控除が受けられる申告方法もありますが、基本的には青色申告を利用することをおすすめします。

 

私が税理士に依頼せずに確定申告できたオススメソフトはこちら

 

関連記事

アフィリエイトの確定申告をしたいけど、どのソフトを利用すれば良いかわからないと言う方向けに、アフィリエイトにおすすめの確定申告ソフトを3つ紹介します。 確定申告をしなくてもいい基準 アフィリエイトで収[…]

確定申告ソフト

 

雑所得

雑所得とは、所得税法で規定されている9種類の所得以外の所得を指します。

副業としてアフィリエイトを行なっている場合、発生する利益は雑所得です。

 

雑所得を求める計算式は次の通りです。

 

総収入-経費=課税対象となる雑所得の金額

 

雑所得には税制上のメリットはありませんが、税務上の手続きが簡単というのが特徴。

雑所得の税率は事業所得の税率と同じですが、給与所得などの所得と合算したうえで税率が適用されることを理解しておきましょう。

 

なお事業所得で利用できた青色申告は利用できず、したがって青色申告特別控除も利用できません。

 

事業所得に変えられるよう税理士の無料相談などを使って相談することをオススメします。

 

私はこちらから今もお世話になっている税理士さんと契約をしました。

全国5,500名の税理士さんから自分にマッチした人を探せるのでオススメ!

 

税理士探すなら:税理士ドットコム

 

税金を支払わなくても良いケース

基本的にはアフィリエイトで利益を得れば、税金を支払う必要があります。

しかし税金を支払わなくても良い2つのケースがあります。

 

本業として取り組み年間所得が38万円以下

本業として取り組む場合、アフィリエイトで発生した所得は事業所得となりますが、年間所得が38万円以下なら納税の義務はありません。

 

たとえば学生や主婦の方が、本業として取り組み、年間所得が38万円以下なら納税する必要がないということです。

 

副業として取り組み年間所得が20万円以下

副業としてアフィリエイトに取り組む場合、アフィリエイトで発生した所得は雑所得となりますが、年間所得が20万円以下なら納税の義務はありません。

 

なお事業所得も雑所得も総収入からまず経費を引いて求めます。

そのため副業として取り組んでおり、アフィリエイト報酬が年間20万円を超えれば納税する必要があるわけではありません。

 

あくまで経費を引いた後の所得が、それぞれ38万円と20万円を超えている場合にのみ、納税の義務が発生します。

 

初めてアフィリエイトに取り組む方は税金を気にされる方がいますが

本業は「月30,000円」

副業は「月15,000円」

この範囲であればあれば税金の申告がいりません。

 

まだ1円も稼いでいない方は、税金に関して気にすることはありませんからまずは行動しましょう。

 

関連記事

アフィリエイトを始めてみたいけど、難しそうと思っているあなたに朗報この記事ではアフィリエイトの仕組みを小学生でも理解出来るように解説し1時間後には報酬を出せる方法を伝授! ワッシー@自由人アフィ[…]

アフィリエイトとは?

 

アフィリエイトで経費に計上できる項目

アフィリエイトで経費に計上できる項目を理解して、不必要に高い税金を支払う必要がないように注意しましょう。

 

家賃

自宅でアフィリエイトを行なっている場合、自宅のうちアフィリエイトに利用している分をざっくり計算して、経費に計上することが可能です。

 

家賃が5万円だとして、アフィリエイト用に借りているのであれば事務所として全額経費ですが、自宅であれば1割〜5割程度が経費として認められるでしょう。

 

収益にもよりますが、家賃を大きく上回る報酬が出ているようであれば半分は経費計上可能です。

 

光熱費・通信費

家賃と同様の仕組みで、光熱費と通信費を経費に計上可能です。

 

その他

  • サーバーレンタル料金
  • ドメイン取得費用
  • アフィリエイトに関する本やセミナーの参加費
  • 記事にするために購入した物品
  • カフェで作業する為に払った飲食代
  • 交通費

 

などアフィリエイトを稼ぐ上で必要になった物やスキルアップの為に使った費用はすべて経費として計上可能です。

 

よくあるのが、日用品やブランド品を購入した場合に経費計上出来ますか?という相談を頂きますが、それによって収益を発生させることが出来ているのなら認められますが、ほとんどの場合は経費計上出来ません。

 

アフィリエイトの確定申告の流れ

  • アフィリエイトの収入を予測
  • 納税の義務が発生しそうなら、アフィリエイト収入と経費を記帳
  • 基礎控除などの各種控除を確認・計算(会計ソフトを使って)
  • アフィリエイト所得から各種控除を引いて課税所得を計算(会計ソフトが自動計算)
  • 税率を計算して確定申告(最寄りの税務署)

 

確定申告の際には最寄りの税務署へ行きましょう。

最近は副業に取り組む方も多く、相談も無料で受けてくれますので一度足を運んでみるといいことが聞けたりもします。

 

 

副業のアフィリエイトがバレないためには

給与所得者が副業としてアフィリエイトを行っていることが会社にバレないためには、会社に提出する確定申告書の第二表に注意する必要があります。

 

会社の確定申告書の第二表に注意

会社の確定申告書の第二表の「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」の部分で「自分で納付」を選択しましょう。

 

確定申告書

 

「給与から天引き」を選択すると、住民税からアフィリエイトをしているのが会社にバレます。

 

 

また、副業をしているとバレたらクビになると思いがちですが、副業と言わない方法もあります。

例えば、競馬でたまたま100万円当たったから一時所得として申告をして税金を納付しました。など。

 

競馬は当たった金額に対して税金を収める義務がありますから、そのように言い訳することも可能です(笑)

 

アフィリエイトの税金と副業バレ対策まとめ

アフィリエイトで生計を立てる場合、事業所得となり、副業として行う場合は雑所得となります。

各種控除を受けられる可能性があるほか、経費に計上できる項目は可能な限り経費とし、節税しましょう。

 

関連記事

アフィリエイトの確定申告をしたいけど、どのソフトを利用すれば良いかわからないと言う方向けに、アフィリエイトにおすすめの確定申告ソフトを3つ紹介します。 確定申告をしなくてもいい基準 アフィリエイトで収[…]

確定申告ソフト

 

事業所得の場合は青色申告することも重要です。

また副業としてアフィリエイトに取り組むなら、会社の確定申告書の第二表の住民税の徴収方法に注意しましょう。

ある程度収入が大きくなってきたら「税理士」に依頼することをオススメします。

 

税金のことを気にしていても何も始まりませんし副業で稼げることは素晴らしいことです。

会社のことは気にせず、まずはアフィリエイトを始めてから税金について考えましょう。

 

関連記事

アフィリエイトを始めてみたいけど、難しそうと思っているあなたに朗報この記事ではアフィリエイトの仕組みを小学生でも理解出来るように解説し1時間後には報酬を出せる方法を伝授! ワッシー@自由人アフィ[…]

アフィリエイトとは?