【動画編集余裕】2020年最新のMacBookProフルスペック購入レビュー

先月AppleがMacbookの2020年最新モデルを出したので、早速ほぼフルスペックで購入をしました。

 

スペックはこんな感じ

 

Macbookproフルスペック

 

本体代金が268,800円+AppleCareが25,800円なので消費税込みで324,060円でした。

 

2020年最新版Macbookpro13インチで変わったところ

 

僕はすでに2019年モデルを所有していましたが、新しくした理由は単純に「動画編集」をしたかったからです。

 

これを言うと16インチのmacbookを買えよと言われそうですが、「持ち運べるサイズ」で欲しかったので(笑)

 

主に変わったな〜と思ったところは3つありました。

 

スピーカーの音質

ハイダイナミックレンジステレオスピーカーワイドステレオサウンド Dolby Atmos対応

 

らしいです。

よく分かりませんが、素人からしても2019年モデルと比較すると音質が良くなったなと感じました。

ネットフリックスなどの映画を再生すると良く分かります。

 

キーボード

これが一番変わったと言われていますが、シザー式になり、タイピングした感覚が出るようになりました。

 

また、escキーが物理キーになって、十字キーが逆T字になりましたね。

この辺は正直あまり使わないので問題ないかなと思います。

 

接続端子

Thunderbolt 3端子が4つになったのは非常に嬉しいですね。

 

今まで2つだったので同時接続するときに困っていたのですが、

左右に2つづつあるので効率的な使い方が出来るようになりました。

 

AdobePremiereProを使ってみた感想

 

動画編集をノートパソコンでやるのが目的だったので

「AdobePremierePro」が動かなければ意味がなかったのですが、快適にサクサク動きます。

 

1時間の動画を編集したり、Adobe After Effectsを操作するのも快適でした。

 

これはイケます。

 

まとめ

 

フルスペックを購入する必要があったかと言えば分かりませんが、動画編集においては十分な仕事をしてくれています。

 

次のモデルが出る前に買うのもどうかな?と思いましたが、そこまで熱狂的なMacユーザーではないので

このモデルにしばらくは頑張ってもらおうと思います。