【引きこもり歴6年】オススメの在宅仕事5選【会社員くらいなら余裕】

コロナの影響で時間に余裕が出来て在宅で副業を始めたいけど

 

○どんな副業が自分に合っているのだろう?

○在宅で出来る副業の種類を知りたい

○副業を学べる教材やスクールを知りたい

○パソコンのスキルアップをしたい

 

こういった疑問に答えます。

 

筆者のワッシー(wassi_blog)は様々なビジネスを経験してきて、引きこもりながら月収300万円~500万円前後

 

すべてのビジネススキルを並以上に身に付け会社員の給料くらいはどの分野でも稼げる筆者が経験談に基づきあなたにオススメの在宅仕事をお伝えします。

 

 

在宅仕事は得意分野を把握する

 

結論から言うと在宅の仕事はどれも稼げます

 

ただし、得意か不得意かは別の話なので最適な副業を提案したいと思います。

 

在宅仕事オススメ5選を紹介

在宅ワーク

 

あなたの得意な在宅仕事を見つけることが、最短で稼ぐ1番の近道

 

その理由は3つ

 

・苦手を克服する時間が無駄

・継続がしやすく結果が出やすい

・得意なことは2倍の速度で成長する

 

こういったことが挙げられます。

苦手分野で時間を浪費するよりも、得意分野を伸ばした方が専門家になれるので将来的にも大きく稼げます。

 

そこであなたに最適な在宅の仕事を提案したいのでいくつか質問をします。

 

 

ここで出てきた副業があなたに向いているであろう在宅仕事です。

 

在宅仕事①:Youtuber・動画編集

Youtuber

 

自己表現が好きならば、Youtuberがオススメ

 

Youtuberのオススメポイントは3つ

・動画編集スキルが身に付く

・1億稼ぐことも不可能ではない

・動画が主流な今だからは1番熱いビジネス

 

3つのポイントを1つづつ解説していきます。

 

これからの時代に動画編集スキルは役に立つ

 

動画編集の需要が高まり、正直動画編集だけで月50万円は稼げます。

ここまで読んで

 

出来ない人
男性
動画編集したことないから無理だよ〜

 

と思われる方もいるかもしれませんが「動画編集の経験がなくても全然OKです」

 

動画編集は「実際に編集をしないと学べないから」

後述しますが、僕の彼女もYoutuber活動をしていて最初は文字入れすら苦労しましたが、1週間で初心者からは抜け出しました。

彼女いわく「動いているだけで写真加工をするのと変わらない」

 

結論から言うと学ぶ環境さえあれば誰でも動画編集が出来ます。

 

1億円稼ぐことも夢物語ではない

 

日本のYoutuberで1億円稼いでいるのは50人以上います。

個人でこれだけの数が億を稼いでいるビジネスは他にないでしょう。

 

動画ビジネスは将来性も非常に良いです。

 

・企業案件

・タイアップ動画

・コンテンツ販売

・自社ブランド設立

・動画再生の広告収入

 

様々な収入源を動画1つで作っていけることから、自己表現が得意であれば絶対オススメのビジネスモデル

 

経験談:彼女がYoutuberになったお話

 

顔出しNGでもYoutuberになれます。

彼女は顔出し無しでYoutubeを始めで3ヶ月でチャンネル登録者数「2800人」を突破

 

Youtuber

 

彼女が出来た理由は3つ

 

・2日1回動画をアップした

・趣味(得意)を動画にした

・動画編集を2週間かけて学んだ

 

料理が趣味で綺麗に作ることを心掛けていたので「料理する様子」をYoutubeにアップロードしてみたら?と声を掛けたのがキッカケで動画撮影も動画編集未経験だったら「3ヶ月全力でやってみてダメなら辞める」と言いスタートしました。

 

料理系はライバルも多いのですが、ヒカキンさんやヒカルさんとまではいかなくとも会社員の給料は余裕で稼げるイメージが湧きました。

 

3ヶ月で結果が出たから。

得意なことが動画向きで出るのが嫌でなければ行動してみましょう。

 

動画編集はどこで学ぶ?

 

動画を編集して経験をしないとスキルは身につきません。

 

僕は彼女に動画編集スキルをTechAcademyの動画編集コースで学ばせました。

 

>>:TechAcademy 動画編集コース

 

ここでは、素材の動画から編集のスキルまで全てを教えてくれるので経験を積みながらスキルを身につけることが可能です。

 

動画編集は下記のようにココナラやランサーズで受注すれば1件3000円〜1万円と高単価なのが特徴でスクール代はすぐに回収できます。

 

ランサーズ案件

 

 

僕も動画編集スキルは持ち合わせていますが、1週間で彼女がスキルがアップした「TechAcademy」は超オススメ

 

在宅仕事②:Webライティング・ブログ

ブログ

 

ブログは将来性◎・収益性◎の最強ビジネスモデル

 

ブログのオススメポイントは3つ

 

・初期費用がかからない

・副業初心者でも取り組める

・ネットの不動産を手にいられる

 

ブログオワコンとか言われてますけど、「僕はブログで月収300万円」稼いでいます。

 

また、ブログで稼げるまではWebライティングのお仕事をしましょう

 

ランサーズWebライティング

 

1記事2000文字で大体3000円程度貰えるので1日3記事の20日在宅で仕事をすればサラリーマンの給料は余裕で稼げます。

 

それではオススメのポイントを解説していきます。

 

初期費用がかからない

 

ブログを運営する一番メリットは「初期費用がかからない」

極端な話、途中で辞めてもリスクがほとんどありません。

 

飲食店をオープンするAさんとブログを始めるBさんがいました。

 

・Aさん:大きく稼げると思い上手くいく保証はないのにお店のオープン費用として800万の借金をしました。

・Bさん:コツコツ稼ぐタイプでブログ運営をスタート。初期費用は1000円は給料から捻出

 

この場合Bさんのほうが収入は安定してあがりやすい。

ブログは記事を積み上げていき、ある程度の領域までいけば多少サボっても収入になる資産形成ビジネスに対して、飲食店は労働収入で常に働かなければ収入ならず、固定費や人件費などが常に経営を悩ませます。

何が起こるか分からない現代において不測の事態に備えて初期費用がかからない・固定費がないのは大きなメリットなのです。

 

副業初心者でも取り組める

 

ブログは1時間もあればスタート出来ます。

 

ブログの作り方はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

Wordpressとは何なのか?このご時世ですから、副業ブログを始めようとしている方も多いのではないでしょうか?Wordpress(ワードプレス)は世界で最も人気がある「ブログソフト」 ワードプレスを使えば[…]

Wordpressとは?

 

しかし、ブログは1ヶ月や2ヶ月継続しても稼ぐことは出来ませんので、Webライティングの仕事を貰いながらブログも同時並行で進めていくと自分のスキルアップにも繋がり、文章構成や執筆経験がブログ運営の役に立ちます。

 

Webライティングは僕も受講してスキルアップした「ヒューマン・アカデミー」の教材がオススメ

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』

 

 

Webライティング

 

ただWebで文章を書く知識からクラウドソーシングを使った仕事の貰い方まで徹底的に解説されていて初心者には大助かり

WEBライティング技能検定の取得も可能で、今後絶対に役立つ内容ばかりです。

 

ネットの不動産を手に入れられる

 

旅行に1ヶ月行ってもブログは収入を作ってくれます。

 

最初アクセスが集まるまでは作業と辛抱が必要ですが、正しくブログを運営していれば成果がでます。

ブログは「Wordpress」で運営していれば永遠に消えないので、ネットの不動産であり家賃収入を生み出し続けます。

 

僕も国語なんて評点1~2を彷徨っていてご覧の通り文才はありませんが月収300万円前後稼いでいます。

 

誰もが最初は初心者ですから、ライティングに関する知識を学んで一歩踏み出して行動しましょう。

 

3万円ほどの教材費はかかりますが「ヒューマンアカデミー」が運営しているので安心ですし、仕事の貰い方も学べるので今の需要であればあっという間に回収できます。

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』

 

まずは無料で資料請求してみましょう。

 

在宅仕事③:イラスト・デザイン・絵描き師

イラスト

 

イラストや絵がお好きなら稼ぐことに困らないので今すぐ在宅で仕事をスタートしましょう。

 

オススメポイントは3つ

・誰もが出来ることではない

・イラストは自分だけの財産

・1件あたりの仕事単価が高い

 

ランサーズイラスト

 

こんな仕事高単価な仕事がゴロゴロあなたの出番を待っています。

 

それではイラストで稼げるポイントを1つづつ解説していきます。

 

誰もが出来ることではない

 

絵は潜在的なセンスや才能でこればかりは努力しても身に付かないからこそ稼ぐことには困らないのです。

 

例えば筆者のアイコンは「ココナラ」で注文して可愛らしいアイコンですがプロ並ではありません(すみません)

ワッシー

アイコンを依頼したときの費用は「10,000円」

これを1日2件こなし、20日在宅で仕事をすれば40万円ほど稼げる計算です。

 

依頼する人の多くはプロではなく「手ごろな値段でイラストを書いて欲しい」と思っている。

このような需要が非常に高いからこそチャンスなのです。

 

イラストは自分だけの財産

 

超安定的に稼ぐことが可能

 

イラストは真似できないからです。

 

イラストは必ず描く人の特徴が何かしらあって、あなただけのオリジナルなのです。

依頼を受けていく中で実力や知名度がついてくれば、企業からの案件やリピートユーザーがつくことで安定して稼ぐことが可能出来るのも魅力

 

1件あたりの仕事単価が高い

 

1件2000円〜3万円と実力で単価は変化しますが、需要が圧倒的に高い

 

つまり、初心者は低単価で仕事を引き受けつつ実績や評価を伸ばしていき自分の単価をあげていくことが可能

 

昔の漫画家やイラスト屋さんはネットが無かったので一握りの人しか成功できませんでしたが、今では自分の名前を広めるチャンスはいくらでもあります。

 

あとはパソコンを使ってイラストの書き方を学び、お仕事の受注方法さえ学べばすぐに在宅で稼ぐことが可能です。

 

イラストを学ぶのに最適なサービスはいくつかあります。

 

Palmie(パルミー)

 

初心者でも絵師デビュー出来る「Palmie」はイラストや漫画についてオンラインで学習することが出来るサービス

 

無料で1週間利用できるので、興味があるならまずは試してみましょう。

Palmie(パルミー)

palmie

 

 

在宅仕事④:プログラミング

プログラミング

 

プログラミングに興味があるなら「あなたは勝ち組になれる」と断言します。

無料学ぶこともできますので、今すぐ行動しましょう。

 

プログラミングのおすすめポイント

 

・パソコンがあれば出来る

・1件数十万の単価は当たり前

・月収50万がゴロゴロいる業界

 

ランサーズプログラミング

 

プログラミングでは、このような案件がゴロゴロ転がっています。

 

それではプログラミングのオススメポイントを1つづつ解説していきます。

 

パソコンがあれば出来る

初心者の方からパソコンはどうしたらいいですかと質問に対しては予算があれば「Macbook Pro」をオススメ

 

>>:MacBookProを見にいく

 

Windowsでも問題ありませんが、プログラミング業界はMacユーザーが多いので後々MacBookに切り替えがベスト

 

MacBookはAppleから購入すれば金利0%で分割購入できるので、モチベーションを上げるために購入するもよし

既存のパソコンを使ってプログラミングで稼いでから買うもよし

 

お金の余裕は心の余裕に繋がるので、ご利用は計画的に!

 

1件数十万円の単価は当たり前

 

プログラミングは専門的な知識が必要+人材不足のため企業側は多く報酬を支払います

人材不足が目立つ=仕事が豊富にあり、スキルがあれば高単価になる。

 

従業員としてを雇うよりは外注することが多いプログラミング技術者は収入面が豊か

そのため、多少の知識があれば即戦力として仕事を貰えます。

 

月収50万がたくさんいる

 

20代で月収50万円がウロウロいる業種

 

こんなに平均収入が高いのはプログラミングくらいでしょう。

 

数多くのプログラミングスクールが開催され初心者でも簡単に学ぶことが可能

最近では小学校でプログラミングの授業が組み込まれるなど、当たり前のスキルに。

 

しかし、技術の進歩が早すぎるが故に人材が不足しているのがプログラミング業界

少しスキルを身につけただけですぐに即戦力で稼ぎまくれます。

 

今なら無料でプログラミングが学べる

 

>>:TechAcademyの無料体験

 

無料体験後の本受講は20~30万くらいかかりますが、スキルを身につけて仕事を受注すれば簡単に回収できます。

 

プログラミングの受注相場はこんな感じ。

 

  • 大手企業が発注するWeb制作代金:300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作代金:30万円以上
  • クラウドソーシングサイトのWeb制作代金:10万円程度

 

クラウドソーシングでも2.3件受注すればスクール代は余裕で回収です。

 

 

>>:TechAcademyの無料体験

 

在宅仕事⑤:テープ起こしライター

Webライター

 

テープ起こしライター(文字起こし)は需要が高くオススメ

 

Youtube動画や音声を文字に起こす作業です。

 

知識やスキルも不問で、パソコンとタイピングが多少出来れば今すぐにでもスタートできる

まさに在宅仕事そのもの

 

テープ起こしライターのおすすめポイント

 

・初期費用がかからない

・単純作業で初心者向き

・動画時代の今需要は高まりつつある

 

文字起こし

 

しかも文字起こしなんて稼げないでしょと思ったら大間違いで、結構高単価です。

月収50万円稼ぐのはタイピングが早くないと不可能ですが、20~30万円は余裕です。

 

それではテープ起こしライターのポイントを解説していきます。

 

初期費用がかからない

 

パソコンとタイピングが出来ればテープ起こしの仕事ができます。

 

何か必要な機材がある訳ではないので、予算がない人にもオススメの在宅仕事

 

単純作業で初心者向き

 

考えて作業する仕事ではないので、初心者向きです。

 

スキルや知識も必要なく、ただ聞いた音声をWordにタイピングしていく作業

いかに効率よく文字に起こせるか工夫する必要はありますが、特別なスキルは一切必要ありません。

 

動画時代の今需要が高まりつつある

 

仕事数はぶっちゃけ「結構多いです」

 

Youtubeなど動画メディアが本格的に参入したことで、動画を文章化してほしいという依頼が多く見受けられます。

 

先ほどの画像にあった通り、高単価な案件も多いので仕事に困ることなく稼ぐことが可能

 

テープ起こしライターはヒューマンアカデミーで学ぼう

 

いきなり仕事を受けてもいいですが、テープ起こしについて学んでからだと依頼主からの評価も上がり、高単価な仕事を受けやすくなります。

 

ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』

 

音声データを用意して実践形式で学べますし、テープ起こし技術者資格を取得出来るので非常にオススメ

また、クラウドソーシングで仕事を貰う方法も教材に含まれています。

 

まずは無料で資料請求してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

あなたにオススメの在宅仕事が見つかれば幸いです。

 

どうしても見つからない人はこちらにてご相談を受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

>>:ワッシーに相談してみる