【ココナラで売れる出品の仕方】流れを初心者でも分かりやすく解説!

今回はココナラで稼ぐ為に重要なサービスの出品をいよいよ解説していきます。
あなたが持っているスキルや強みを分析し、ライバルリサーチを終えたら早速商品を出品してしまいましょう!

いくら分析を続けてもサービスを世の中に出品しない限りは1円も稼ぐことが出来ません

この記事では下記の内容を具体的に解説していきます。

 

✅本記事で学べること

・出品の仕方から売れるタイトルをつけるコツ

・魅力が伝わる商品説明文の作成方法

・トラブルを防ぐ購入にあたってのお願いの書き方

・目に止まる商品画像の作り方

 

正直言って今回解説する内容通りに商品ページを作れば全く売れないなんてことは避けれるのではないかと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

 

出品の仕方

 

最初に出品の仕方から解説していきますが、まだ出品するサービスの内容が決まっていないという方でも問題ありません。

ココナラでは何日後に出品するというような予約出品機能があるので、現時点で内容がはっきり決まっていない場合でも1度出品作業を行って大丈夫です。

 

出品準備編

 

マイページから「出品する」を選択し、すると

 

①通常サービスを出品する

②電話相談サービスを出品する

③ビデオチャットサービスを出品する

 

の3つの選択肢があるはずなので、今回は通常のサービス①を選びます。

電話相談やビデオチャットもできるのですが、初めてココナラに出品する初心者の方は比較的労力のかからない通常タイプのサービスかつコンテンツ販売を行うのがおすすめです。

ココナラミーツと言って実際に会ってサービスを提供できる仕組みもあるのですが、これも同様に初心者の方は無理に行わない方が良いかと思います。

コンテンツ販売やココナラで稼ぐ感覚を掴んだ後に余裕があれば挑戦してみて下さい。

 

売れる商品タイトルの付け方

 

次に商品ページで最も重要な商品タイトルの付け方を解説していきます。

ここから解説していく入力項目は全て後から何度でも変更することができるので、間違っても問題ありません。

 

商品タイトルが最も大切な理由

 

ココナラでは商品タイトルに書かれた文字がココナラで検索したワードと一致すれば検索結果に表示され、多くの人にサービスを見てもらうことが出来ます。

なので、あなたが出品するサービスを購入するペルソナは一体どんなワードで検索するのか?どんなジャンルの悩みがあるのか?を考えて、そのワードを商品タイトルに含めることが大切です。

また商品タイトルは初めてあなたのサービスを見た購入者が最初に注目する箇所であり、商品タイトルを読んで興味がなければ詳細ページを開くことはありません。

タイトルでサービスの魅力がしっかりと伝わると多くの購入者が詳細ページまで見るようになり、商品は買われやすくなるということです。
ココナラの商品タイトルはグーグルの検索結果に表示されやすい傾向にあるので、その点も踏まえて検索されやすいワードをタイトルに含めるのは重要です。

 

①サービスタイトル(25字以内)

サービスタイトルの具体的な書き方はココナラ上でもグーグル上でも検索されやすく、あなたのサービスを求めているペルソナが検索するであろうワードを2つなるべく左詰で入れます。

以前決めた商品コンセプトをその後ろに書き、25字以内語尾がますで終えるように書きます。

 

②タイトル補足説明(15〜30字以内)

補足説明キャッチコピーは他の商品との差別化をUSPを思い出しながら決めていきましょう。
商品を購入して得られるベネフィットを上手く伝えられるとバッチリです。

 

魅力が伝わる商品説明文の書き方

 

次に書いていくサービス内容ですが、文字数制限が厳しく1000文字以内で書かなければなりません。
なので、なるべく無駄を省きながら必要な項目を最小限に箇条書きでまとめて書くスキルが求められます。

特に重要なのが最初の2〜3行です。

なぜかというと、タイトルと同じように商品説明文最初の2〜3行は詳細を開かなくても見ることができる範囲だからです。

なので、この最初の2〜3行で適当なことを書いてしまわないように、商品のコンセプトを具体的に細かく書くようにしましょう。

何を書いたらいいかイメージつかない方は実際に出品している同カテゴリーの人気商品を詳細ページに行かずにチェックして参考にするといいです。

そしてその下には最初の2〜3行で書いたコンセプトを証明できる理由・経験・事例を書いていきます。
実際にあなたが体験したリアルな体験談は人を引きつけるストーリーになります。
なるべく購入者が共感し、納得するような経験を書けると効果があります。
ここまで書けたらようやく商品の具体的な説明を書いていきます。
ここではなるべく細かく情報が漏れることないようにします。
書かれている情報が少ないと、どんなサービスが得られるのか不安に感じてしまい詳細ページから離脱してしまいますので、気をつけましょう。

サービス内容終盤では以下のようなブレッド(弾丸)と呼ばれる購入者の心に刺さるワードを使って購入へと繋げましょう。

 

・なぜ〜は〜なのか?
・〜する為に絶対に必要なものとは?
・必ず意識して欲しい3つの〜とは?
・〜できる人と〜出来ない人の差は?
・〜するのにあなたの体にとって最悪のタイミングとは?
・〜できる〜の秘密とは?

 

最後を締める文は最初に書いたコンセプトと絡めてラスト一押しをしましょう。

ここまで読んでいる方は購入する可能性がかなり高いです。
サービス内容が1000文字ギリギリまで書けたら、次にその他の設定をしていきます。

 

出品するジャンル選定

 

まずは出品するサービスのジャンルを選びます。

適切なジャンルを選ばないと購入する可能性があるユーザーに見られないので、ジャンルは決して間違えないようにしっかり考えましょう。
次に料金ですが、ココナラでは出品者が自由に値段を設定して売ることができます。

ただし初心者の方だと購入者レビューがなく、実績も何もないので、なるべく値段は下げて実績を積むことをおすすめします。
レビューが付き、実績が溜まっていけば自然と値段を上げても売れるようになるので、最初は売り上げをあまり気にせずにどんどん経験を積んでいきましょう。

そして商品の販売方式を決めることができるのですが、何度も書いている通りPDFや定形ファイルなどの送れば納品完了となる形式が最も時間を取られずおすすめです。
最後に予想お届け日数は最速の1日にしましょう。
なるべく早い方が購入されやすくなりますし、評価も上がるはずです。

 

トラブルを防ぐ「購入にあたってのお願い」の書き方

 

次に「購入にあたってのお願い」の書き方を解説します。

購入にあたってのお願いを丁寧に書くことによって予期せぬお客さんが購入して発生するトラブルを未然に防ぐことができます。

例えば商品詳細ページを見て内容を受けれるサービス内容を勘違いしてしまい、その状態で購入し、思っていたサービスを受けることができないとクレームや低評価に繋がってしまいます。

商品が購入されることは重要ですが、トラブルが発生し、対応に時間がかかってしまってはかなりの労力を必要としてしまうので、購入にあたってのお願いは詳細に書くようにしましょう。

書く内容はあなたが提供するサービスでできること、できないこと、購入時にメッセージで書いて欲しいことなど、購入者が勘違いしないように、購入者側の視点になって書くようにしてください。

そしてその下の「購入可能件数」はあなたが余裕を持って対応することができる範囲で設定しましょう。
初めは無理に対応可能数を増やさず、一旦少なめに設定しておくのがポイントです。

また商品が売れ出した後のテクニックですが、常に残りの対応可能数をその都度残り1枠などに設定し、購入を促す方法も有効です。
最後に「よくある質問」では購入者が不安に感じるであろう点を先に想定し、質問をまとめて回答しておきます。

ここをしっかりと書いておくことで、購入までの心理的ハードルをかなり下げることができます。
出品する前はまだどんな質問があるのか分からないと思いますが、商品ページは出品後も変更することができるので、購入者とのメッセージのやり取りの中であった質問を都度追加するようにしましょう。

 

目に止まる商品画像の作り方

 

ここまでで商品ページはかなり完成に近づいてきました。
最後はタイトルと同じく重要な商品画像の作り方を解説していきます。

商品画像はタイトルと同じように商品概要で既に表示されるので、なるべく多くのユーザーの目に止まり、商品が気になるような画像を用意するようにします。
まずは画像の作り方ですが、以下のような著作権フリーの画像サイトから、商品イメージに最も合う画像をダウンロードし、加工して使用します。

 

タダピク:https://www.tadapic.com/
PAKUTASO(ぱくたそ):https://www.pakutaso.com/
PhotoAC(写真AC):https://www.photo-ac.com/
写真素材「足成」:http://www.ashinari.com/
busitry-photo(ビジトリーフォト):http://busitry-photo.info/
food.foto(フードフォト):https://food-foto.jp/
Pixtabay(ピクサベイ):https://pixabay.com/ja/
いらすとや:https://www.irasutoya.com/
EC design:http://design-ec.com/
ICOON MONO:https://icooon-mono.com/

 

画像の加工(トリミング)の方法は加工ツールなどがない場合、グーグルで画像加工無料ツールなどで調べてもらえればすぐに見つかると思うので、加工して大きさを調節しましょう。

そしてただの画像だとインパクトにかけるので、画像に文字を追加していきます。
文字を追加するツールで無料でおすすめなのが、Photoscapeです。

このツールを使えば画像の上でも目立つように文字を追加させることができます。
追加する文字は短い単語で、インパクトがある文字にしましょう。

またなるべく背景画像と同系色ではなく、目立つ色を選択し、かつ大きさも最大限大きくすると良いです。
画像数は最低限5枚ほど設定するようにして、動画も余裕があれば設定するようにしましょう。

最後に「見積もりカスタマイズを受け付ける」をどちらか設定し、「購入者が匿名で評価できるようにする」を可能にします。
匿名で評価できる方が購入しやすくなるので、おすすめです。
ここまでできたらいよいよ「公開する」を選択し、購入されるのを待ちましょう!

 

商品ページが完成しても改善を続けよう!

 

今回はココナラで稼ぐ為に重要な商品ページの作り方を解説しました。
商品ページを作ることが出来たあなたは稼げる第1歩を無事踏み出せたことになります。

しかしあくまでも現時点ではスタートラインに立ったばかりで、これからが非常に大切です。
商品ページが完成すると購入者の反応が質問やお気に入り登録数などから見ることが出来ます。

出品から期間が経過しているのになんの反応も貰えない場合はサービスが見られていないか、購入者が魅力的なサービスに感じていないということです。

この状態のサービスを放置していても購入される可能性が低いので、日々改善をすることが大切です。
1度商品ページを作ったら終わりではなく、毎日商品ページをチェックするようにして改善点を探して、少しでも魅力が購入者に伝わるように変化させてみて下さい。